2021年新作決定!

 次年度の新作決定!
 このコロナ禍が早い内に終息するとは考えにくいのと、現在の上演先の要望として蜜を作らないということ、小さい子と年中年長を分けて上演をしてほしいということ、以上の要望を考慮し、メイン作品25分と小さい子向け小作品3本立てを25分の合わせて50分の新作を作りたいと思います。
 2021年新作は、うた人形芝居「かさじぞう」全編を歌で綴る人形芝居にしたいと思います。おじいさんとおばあさんの辛く重苦しい生活が今の状況に当てはまると思いますが、そんな中でも優しさを失わず、明るくたくましく楽しく生きていく二人を描きたいと思います。
 そしてもう一本というか、もう三本は、それぞれ10分以内の小作品の3本立て小さい子向け人形劇「ぶくぶくぶく」「くにゃくにゃ」「まてー」「ぶくぶくぶく」は、カバの親子のほのぼのとしたお話。
「くにゃくにゃ」は、イモムシの大冒険のセリフのないお話。
「まてー」は、犬のゴン太と弱虫のたっちゃんのお話。この3本はいずれもオリジナルです。小さい子向けですがもちろん年長、小学生が観ても楽しめる内容にします。
 コロナの中でも子どもたちに人形劇を観せたい、コロナだからこそ生の文化を子どもたちに届けたいという多くの保育者の声、要望をいただいています。私たちはその要望に応えるべく、次年度は以上の内容で劇作をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です